こざかなの素

趣味は現実逃避

私の知らない世界

表舞台から引っ込めた記事の中にも寝かせておくのがもったいないかな、と思うものがいくつかありまして、今日は半年ほど前の記事を書き直しました。
冬に書いたものですが、どちらかというと夏向きな部類かも?
読み返してみたらお気に入りブログの紹介になっていました(笑)。

------

(初出:2021年12月10日)

昭和の時代に「あなたの知らない世界」という心霊現象を扱ったテレビ番組がありました。当時はその番組以外にも、著名な霊能力者の方の特集や、UFOや宇宙人といった不思議な現象を集めた番組が多く放送されていました。
近年はこのような類のテレビ番組は年に1回あるかないかで、自分も子供の頃持っていたほどの興味はなくなり、日々の現実を送るようになっています。

30代頃までは占い特集の雑誌を買ったり、当たると評判だった手相占い師を訪ね、寒空の下1時間ほど並んで占ってもらったこともあります。しかし専ら現在の関心は日常生活や自身の健康に直結する現実的な事柄ばかりで、占いも含め、いわゆる「スピリチュアル」な世界にはほとんど興味がなくなりました。
(中学生の頃はかの有名な「月刊〇ー」を毎月購入していた)

様々な情報はネットで検索して調べていますが、先日その中で一つ、目に留まった記事がありました。癌に関することを調べている最中に行きついたブログでしたが、該当記事以外も読み進めているうちにすっかりファンになってしまいました。
(偶然にも「はてなブログ」だった)

pleiadesrevival.hateblo.jp

【追記】
筆者のバケネコさんは2022年4月12日にご逝去されました。
謹んでお悔やみ申し上げます。

 

自分はほぼ興味を無くしてしまった分野のことがたくさん書かれているブログですが、癌つながりで辿り着いたので、こういうのもご縁なのかな?と勝手に思ってしまいました。文章もとても面白くて、過去記事は最初から全て目を通しました。そしてイラストがすごく可愛い!

霊とか天界とか、科学的に証明は出来なくても、目に見えないそういう世界もあるんだろうな、とは思っています。
ラノベの題材によく使われる「異世界」(平行世界)も存在すると思っています(と書くと何だか厨二病っぽいな)。
見えないから存在しない、という理屈は通用しないというか、それ言ったら「音の見えない音楽は存在しない」ことになってしまいますから。

「四大天使の正体」や「肩甲骨の痛み」、「神社仏閣」などの話は目から鱗でした。(個人的には「猫好好ちゃん」*1が一番のツボでした……「あのキャラ」の名前でいいの?)

 

こちらの記事は衝撃でした。そういう仕組みになっているのか、と。
最近耳にするようになった「親ガチャ」という言葉。あながち間違いではないようです。まさに「チョマテヨ」なお話。

pleiadesrevival.hateblo.jp

 

そしてこの記事は更に衝撃でした。

pleiadesrevival.hateblo.jp

動物たちの中には天使が混ざっている……

ペットという愛玩動物限定なのかもしれませんが、自分が今まで食べてきた牛・豚・鶏・羊・ラクダ(中国で食べた)の中にも天使が紛れていたのかも、と思うと、「命」をいただいていることに改めて感謝せねばと思いました。

 

守護霊さん関連の話もとても面白いです。
生まれながらにして二人で一つ!おひとり様ではありませんでした。

pleiadesrevival.hateblo.jp

 

いわゆるスピリチュアルな話は、うさん臭さ全開のものも多いですが(占いなどやたら無料を強調しているとか)、バケネコさんの話は、ストン、と納得出来る話が多かったです。

中学生の頃には私も持っていました、タロットカード。ろくに使いもせず持っているだけで満足でしたが、何だかまた欲しくなってしまいました。
(そして買ったら恐らくまた放置する)

(ここまで)

------

上述の追記のとおり、著者のバケネコさんは2022年4月12日に旅立ちました。
同じ乳癌患者として、その訃報は非常に残念かつ心に突き刺さりました。凄まじい闘病記(現在は非公開)は読んでいてとても辛かったです。その頑張りには本当に頭が下がりました。

偶然辿り着いたブログですが、個人的には「宝物を探し当てた」ような気がしています。今は「本来のお仕事」に戻られて、向こうでも忙しくしているんだろうなぁ、と妄想しています。
なお、ブログは現在ご家族の方が管理・運営されています。

*1:鬼灯の冷徹』に出てくるキャラクター